Vosaicのタイムラインのデータは、CSVファイルまたはXMLファイルでダウンロードすることができます。主な用途として、CSVファイルはMicrosoft Excelなどを使った分析に、XMLファイルはVosaicのデータのダウンロード、バックアップに使うことができます。

CSVファイルをMicrosoft Excelでの分析に使う際、よくあるお問い合わせが「文字化けしてしまう」というものです。この問題の回避方法について、Windows OS、mac OSのそれぞれについてご説明します。ポイントは、VosaicのCSVファイルの文字コードは[UTF-8]ですので、Excelに読み込むときに文字コードを[UTF-8]に合わせることです。

PDFファイルとしてこちらからダウンロードできます。

【注意】Microsoft Excelのバージョンによっては、下に示す操作とメニュー名や位置などが異なる場合があります。

Windows OS版Excelの場合

  1. Microsoft Excelを起動し、新しいブックを作成します。
  2. [データ]メニューの[データの取得]>[テキストまたはCSVから]を選択します。
  1. 読み込むCSVファイルを選択します。
  2. 文字コードに「Unicode(UTF-8)」を選択します。
  1. 区切り記号で[コンマ]を選択します。

mac OS版Excelの場合

方法A. Numbersで読み込む方法

  1. mac OSのアプリケーション「Numbers」で開きます。
  2. そのままNumbersで処理するか、[ファイル]>[書き出す]>[Excel…]を選択して、Excelファイルに変換します。


方法B. Excelで読み込む方法

  1. Microsoft Excelを起動し、新しいブックを作成します。
  2. [データ]メニューの[外部データの取り込み]>[テキストから(レガシ)]を選択します。もしくはアイコンの[データファイル]から[テキストから(レガシ)]を選択します。
  1. 読み込むCSVファイルを選択します。
  2. [元のファイル]のドロップダウンメニューで[Unicode (UTF-8)]を選択し、[次へ]をクリックします。
  1. 次の画面の[区切り文字]で[カンマ]を選択し、[次へ]をクリックします。
  1. [完了]をクリックして開きます。

※ 上記の方法以外に、Windows OS、mac OSのいずれの場合でも、テキスト編集ソフトでCSVファイルを開き、文字コードを[UTF-16]に変更して保存することでも、Excelで読み込めるようになります。

ご不明な点は、サポートまでお問い合わせください。

[ Provided by Vosaic ]

カテゴリー: