この記事はVosaic.comの記事「Video-Assisted Debrief Vs. Verbal Debrief」を翻訳したものです。(画像とも)。


前編から続く)

理論と実践のつながり

振り返りにビデオを使用すれば、学習した理論が実践の中でどのように生かされているのか、それを容易に読み解くことできます。ビデオで鮮明に記録されていれば、ファシリテーターは的確で建設的なフィードバックを容易に与えることができます。

実際、VAD(ビデオアシストデブリーフィング)学習者はVD(バーバルデブリーフィング)学習者と比べて「ファシリテーターに対するより良い印象」を持っており、ファシリテーションが概して効果的であったと認識しています。VAD学習者がファシリテーターに対してより肯定的な認識を持つことで、その提案の吸収、理論的な提案と具体的な改善との繋がりが促進されます。

さらに、VAD学習者はビデオでシミュレーションを見直すことによって、シミュレーション教育に総合的な意義を見出すことができたと報告しています。

写真AC

自己認識の向上

VAD学習者は、シミュレーション中に起こったことをビデオを使って客観的に記録できます。その結果、学習者はそれまで知らなかった自分の行動や言動を発見し、それを改善するチャンスを得られます。自分の誤った記憶に影響されることなく、明確に理解することができます。

学習者が受けたいシミュレーション教育の流れと、実際のシミュレーション教育の流れの一致は、学習者の改善への内的動機を高めること研究で示されています。学習者が自分の目で、自分の実践を正確に捉えることができることで、自己省察が促されるのです。

VADに対する3つの反対意見

情報の過多と時間の浪費

VADを行うと、情報量に圧倒されると懸念を持つ人たちがいますが、そんなことはありません。研究によると、看護学生はVADでもVDでも感じるストレスは同程度で、デブリーフィングから得る利益はVADの方が大幅に向上しました。さらにVADを複数回行うと、学習者のストレスは劇的に軽減されたのです。

しかし、学習者によってニーズは異なります。潜在的な負担を軽減するには、良いプラットフォームを使用することをお勧めします。VosaicのVADプラットフォームは、シミュレーション中にマークしたビデオクリップに絞ってファシリテーターが説明できるので、情報の過多や時間の浪費を削減します。重要な瞬間を逃さずに、学習を妨げになる余分なものをすべて切り捨てることができます

学習者は、口頭でのデブリーフィングだけでは「ニーズが満たされない」とも報告されています。VDでは重要な出来事や行動を特定できないためです。ビデオを使ったからといって、情報過多にはなりません。むしろ、効果的な学習を実現するために適切な情報量を提供するのです

Vosaicでシミュレーションを記録し、ビデオアシストデブリーフィングを実現しましょう。

コスト

シミュレーションに別の要素を加えることは、設備やコストの面で不安を感じるかもしれません。これは杞憂に過ぎません。もちろん方法によっては高額になることもありますが、Vosaicは既存のオーディオ/ビデオハードウェア、ウェブカメラ、またはモバイルデバイスを使用することができますので、コストを抑えることができます。さらに柔軟な価格設定により、料金を抑えつつ、すべての人にビデオアクセスを提供することも可能です。

その場でのシミュレーションであれ、複数の研究室での作業であれ、シミュレーションの記録を担当するのはほんの数人であるケースはよくあります。Vosaicでは「ユーザーの役割」を簡単に切り替えることができ、一度に必要な人数分の料金だけを支払うだけでよいのです

Kaiser Permanenteのような機関がなぜVosaicを使い、コストを削減しながらVADの効果を発揮しているのか、その理由はこちらをご覧ください

充実したテクニカルサポート

新しいテクノロジーが1つ加わることで、何らかのストレスが生じる可能性があります。そうしたストレスを減らす方法の1つが、使い慣れた機器を使用することです。VosaicはPCはもちろん(MacでもWindowsでも利用できます)、モバイル機器も含めた使い慣れたハードウェアに対応するように設計されているので、技術的な不安を取り除きます。さらに私たち日本国内サポートチームが、皆さんの質問にお答えします。


Vosaicについて

Vosaicの安全なクラウドベースのビデオプラットフォームは、教師、現職教師、管理者が理論と実践のギャップを埋めるために使用されています。簡単な操作でビデオの録画、コメント、共有ができるため、ユーザーはより効果的に観察、指導、自己省察を行うことができます。
Vosaic日本国内総代理店の橘図書教材では、Vosaicの販売、および導入後のサポートを行なっております。また、授業力向上のための授業診断プログラムもご提供しております。ぜひお問い合わせください。

橘図書教材について
日本のスポーツ界へのパフォーマンス分析システムの普及に20年間努めてきた代表者が、2019年に設立しました。スポーツを超えた幅広い分野の教育にもビデオコーチングを普及して貢献すべく、Vosaicの日本国内総代理店として販売とサポートを展開しています。
分担翻訳スポーツパフォーマンス分析入門(株式会社大修館書店)
著  書:スポーツパフォーマンス分析への招待(有限会社ブックハウス・エイチディ)

[ Provided by Vosaic ]